ハッチをキャッチ~

さて、また一ヶ月ぶりですね・・・

今回もほぼホームと化した南越前の海です。

ガイドさんからここでは珍しいハゼが根の亀裂に2匹いるとの情報を得て
そこに何回か足を運んでいました。
d0145066_226316.jpg


ミサキスジハゼ・・・ではないかということで一応みなさん?納得したようです。
太平洋ではよく見る種でしょうか?

2匹いるので産卵してくれないかな~と。



で、本題です!
そのハゼのいた場所の上の違う亀裂(笑)ではチャガラ♂が卵を守っていました。
d0145066_22153717.jpg


もう生まれる寸前の写真です。

このハッチアウトは逃すまいと、数日連続で夕方から1本潜り続けました。


すると、ある日観察を続けているとチャガラ♂は亀裂の外に向かって大きく尾鰭を振りはじめました      (ピンボケですでに1匹写ってますが^^;)
d0145066_2223621.jpg





1匹、1匹ゆっくり少しずつ亀裂から子供が泳ぎ出してきます。
d0145066_22322663.jpg
d0145066_22323983.jpg


チャガラのハッチアウトです!

でも卵は一度にすべて孵るわけではなく何日かにわたって孵るようで、
このときも5~10匹くらい出てきてハッチアウトは止まってしまいました。。。。

もっと見たい・・・・・が次はいつなのか~~?!

 
それから3日後に見に行くと、亀裂はキレイさっぱり何もなかったようにカラッポでした。





実はミサキスジハゼを観察し始めた初日にチャガラのハッチアウトをごく近くで偶然見ちゃたんですよ。
興奮と驚きで写真はほぼ全滅^^;;

で今回こそはー!と意気込んだのですが、写真に大した違いはありませんでした(笑)
4,5匹が一度に出てきてくれたらなぁ。


来年は早くからチャガラの産卵地点の発見に精進いたします。
by divesprout | 2010-06-10 22:49 | 南越前
<< 日暮れの頃に 新しい息吹が >>