ココロミ

 前から試したいことがありました。

カメラハウジングなる「魔法の箱」があるし、ダイビング以外でもこれを活用して
何かおもしろいことができないかな?と・・・


 4月10日(木)、奥琵琶湖の海津大崎の桜です。
d0145066_031188.jpg

d0145066_0313262.jpg


 

 ここは琵琶湖の最北端の地で、湖を取り囲む道路沿いの桜並木が有名な花見の名所です。
近畿の平地に比べてやや開花時期が遅いせいか、遅めの花見を楽しむ観光客がどっとこの時期押し寄せてきます。

 あいにくこの日は小雨まじりの曇り空でした。桜も八分咲きくらいだったでしょうか。
平日のせいもあり観光客もやや少なめです。











 



 そんな中、試したかったのは
「フィッシュアイレンズで水中から桜を撮る」ことです。

今回は半水面写真じゃなくて、ドームポートにうっすら水が乗る感じで広角で下から桜を撮るというイメージでしょうか?もちろん晴天で、です(笑)

d0145066_0493314.jpg
d0145066_050918.jpg

d0145066_1353185.jpg




 
 ちょっとイメージと違います(笑) ベタ凪で水面ギリギリ下から撮るイメージなのですが・・・

 このときは、川釣り用のウエイダーという太股までの長靴を履いて、腕をまくって浅瀬に入り腰をかがめての撮影です。
 カメラを真上に向けると自分の顔が入ってしまいますし、横にすると半水面写真になります。

 また、湖とはいえ波が少々あってポートに被るのでシャッターがなかなか切れません。
透明度も思ったよりも悪かったかな (言い訳がましいですね)

d0145066_14282.jpg



 
 これがイメージの感じに近い1枚です。

 青空で、もっと桜の花が水面スレスレまで垂れている場所を厳選して、自分もスーツ着てシュノーケリングスタイルで撮るようにすれば・・・・・・もっといい写真がとれるでしょう(笑)

今回は「最初の一歩」ということでご勘弁をm(_)m ・・・ちょっとショボイですね・・・・

・・・・・また来年です^^;
by divesprout | 2008-04-14 01:12 | 琵琶湖
<< なかなか手強い・・・ 地球の海フォトコンテスト2008 >>