今年も通う

 
d0145066_21261489.jpg

 京都舞鶴沖の冠島へ行ってきました。
 ここは西舞鶴港からボートで50分くらいの沖に浮かぶ無人島です。写真の奥に見えるのは小島(名前がそのまま)です。この2島の周りにダイビングポイントが散在しています。

 外洋にあるため波、風の影響を受けやすく行けるシーズンが5月末~11月始めくらいと限られます。またその日の潮流によって潜れるポイントも変わってくるので行ってみないとどのポイントに入れるか分かりません。

d0145066_21405487.jpg


 ダイビングスタイルはポイントにもよりますがハマチ、ブリ、カンパチ狙いのかなり泳ぐスタイル
でしょうか。じっくりマクロ派ダイバーさんにはちょっと合わないかな~。

 今くらいから9月始めまではなんといっても透明度が抜群によくなります。
30m見えてる日もありますし、開放感からかなんとも気持ちいいんです(笑)

そのかわり「きれいな色」の魚が少ないです(笑) ぱっと思い浮かぶのはソラスズメダイ、
後は・・・・・・
秋には南から日本海では珍しいものも流れてきたりして楽しめます。

d0145066_21553085.jpg




 昨日は宮前というポイントで不思議な光景が見れました。

d0145066_21591614.jpg

水が一部分だけ白く濁っています。何やら白い部分はだんだん増えています。
その場に行ってみて下を見ると、
d0145066_22338.jpg

d0145066_2231948.jpg


 この貝(!)の管からず~っと煙幕?みたいに白いものが放出されてまいた。
触れても大丈夫か?と思いながら証拠写真を撮ってました。

 これはガイドさんによると貝の産卵らしいです。
ただ貝の名前が・・・・写真から見ても海草、藻に覆われていて判断できません。
二枚貝系だとは思うのですがどうでしょう??
名前の分かる方、ご一報下さいませ(笑)
by divesprout | 2008-07-18 22:21 | 冠島
<< ハッチアウト寸前 照明アシスタント >>