ひらべったい住人 その2

 3月5日の串本です。
この日も私以外はノーゲスト。
浅地ドリフトとかもできちゃうとのことでしたが、釣り船が何艘か先にいたので断念。
で、やはり今しか見れない旬のモノとのことでまたツバクロエイ探しをしました。
とくにこの日は(も?)こだわりがなかったので・・・なんだか貸切が心地いいので串本に通っているような(笑)


2本目のサンビラ・・・・・
ここは天候的に他のポイントに入れないときの保険的?ポイントなのでしょうか?
凪の日にあえてサンビラに入ることはあまりしないらしいのですが、「ツバクロエイならサンビラ!」というガイドIさんの強いプッシュで行くことに。

d0145066_22354361.jpg


これは先ほどまでここにいた痕跡^^
見れなかったら悔しいのでまずはこれだけでも?!(笑)







d0145066_22415388.jpg


痕跡のすぐ近くにいました!なんとも原始的なシルエットです♪

砂を被ったままなので、砂をはらってもっと姿をしっかり見たい~。
性格はおとなしく、2日ほど前に見た個体は撫でても後ろから上に5センチくらい持ち上げても逃げなかったそうです。


なんとか砂を払おうと近づくと・・・・・









d0145066_22484588.jpg

d0145066_22491581.jpg

d0145066_22505486.jpg



逃げる前に大きく両翼を羽ばたかせてわざと煙幕を起こした(!?)のか・・・・
ここは泥質の砂地なので舞い上がった煙幕がなかなか取れません。
エイは潮上から潮下に流れる煙幕を隠れ蓑にしてその下を逃げていきました。
タコやイカが墨を吐いて逃げる行動と似ているかな・・・



d0145066_2326464.jpg



もう1匹いましたがどちらも近接の写真は撮れませんでした。
薄っぺらいのですが、横に長くて羽ばたく姿は迫力ありましたよ~。
Iさんもこの行動は初めて見たらしくいたく感心してはりました。

しかしこの薄さはなかなか絵にするのは難しそうです^^
by divesprout | 2009-03-09 23:32 | 串本
<< (英)japanese bigeye もう3月 >>