カテゴリ:神子( 6 )

ハッチアウトは突然に

約1カ月前の常神半島神子オマト浜です。
この日はここで2年前にオオカズナギを偶然見かけたことことがあるので、今年はどうかなと
探して岩礁の穴、隙間をあちこち覗いていました。

イチモンジハゼがやたらと目につくなぁと思っていたらそのうちの一ヶ所で、
d0145066_22393984.jpg



体をプルプル動かし始めて稚魚が出てきます。
いきない想像してない魚のハッチアウトが始まるとは・・・・・・慌てふためきました^^

d0145066_22495133.jpg
d0145066_2250133.jpg


体を震わして、鰭をパタパタ動かす行為でハッチが始まったとはわかるのですが、実際は飛び出してくる物体が小さすぎて稚魚とは確認できないままシャッターを切っています。
おそらく稚魚なのであろうと・・・

d0145066_22562075.jpg


このときはライト持ってなかったのでストロボだけです。
ストロボのチャージ考えないでライトのみで撮っていたらまた違った結果だったかも。
昼間なので光に誘われて邪魔になる浮遊生物も入り込まないしねぇ。

下調べ全くなしでハッチに遭遇できたのは初めてです。
こんな機会はそうはないでしょうなぁ・・・・・またいつか狙えるかな~?
by divesprout | 2014-08-08 23:08 | 神子

見ぃ~つけた★

d0145066_0131077.jpg

また間があいてしまいましたが・・・

越前、若狭の海も水温16℃まで上昇してきましてストレスも減りつつ
地味に近場でセルフばかり楽しんでおります。

そんなある日、常神半島の神子の海にて見慣れないサカナが。。。
もしやオオカズナギではないですか??

d0145066_018641.jpg

見つけたときは、ベニツケギンポ?と思っていたのですが、
どうも背中の青い部分と切れ長の口の部分がベニツケギンポとは違う感じ。
水深4mと浅かったし半信半疑ではありましたが・・・
去年青海島で見た個体よりもひと回り小さい感じでした。

d0145066_023289.jpg


この口の開け方は!!!  ねっ、オオカズナギでしょ!?(笑)
さて、青海島ばりのバトルがここでも見れるのか?
このときは1匹しか見れませんでしたが、自分的には大きな一歩です^^
by divesprout | 2012-05-20 00:37 | 神子

マクロでオオモノ

 12月も残すところあとわずか・・・
ブログの更新もサボってましたが、このまま年明けを迎えるのもおもしろくないので
この間の地元、神子の海で出会ったオオモノを紹介しときます。

ポイント名はえびすの根、透明度3~5m、水深23m付近、水温16℃でした。
この日は100mmマクロに慣れるためのダイビングでしたが、私の過去ワースト5に入るくらい
ニゴニゴの暗い海でした。

そんな色のない地味な水中を1匹の大きな黄色い魚が根の間に見えました。










d0145066_22521365.jpg

                    ピンボケでスイマセンm(_)m
d0145066_2255252.jpg

                      錦鯉ではありません

「水中二割増し」とはよく言いますが、50cmはあったかも。
レンズがマクロ・・・・・・それ以前に透明度のあまりの悪さに撮る気持ちが萎えてました(苦笑)

d0145066_235740.jpg
d0145066_2352443.jpg




ハタ、クエ系に見えますが、これはカサゴの仲間のアイナメです!
オスは婚姻色の時期に黄色になる?みたいなことが検索すると書いてありました。
温帯の海に住む、釣魚として有名な美味しい魚みたいです。あまりダイバーさんには
馴染みがないかもしれませんね。

d0145066_2310442.jpg

とある釣り人さんの釣果の写真を勝手に拝借してきましたがこれと同じみたいですね~

期待も準備もしてないときにこういう出会いが・・・・あるんですね。



年末年始は、迷いに迷った結果、再度西表島に行ってきます(笑)
明日の仕事の後に出発しま~す。天気は悪そうです^^;

今年一年ブログを読んでいただきありがとうございました。ネット上だけでなく実際に
お会いできたブロガーさんもいたりしていろいろ刺激を受け実りがありました。

皆様それではつきなみですが、良いお年をお迎え下さいませ。
ブロガーさんのおみやげ写真も楽しみにしておきます~
by divesprout | 2008-12-27 23:39 | 神子

珍客それとも常連さん?

小ネタです。

d0145066_21204560.jpg

d0145066_21212939.jpg

              フエフキダイ科 イトフエフキ
                  
昨年よりこちら若狭湾でよく見かけますイトフエフキです。
初夏にはまだ見れないのですが8月後半くらいから水深10mくらいまでの浅場に単独で
泳いでます。

 たしかおととしまでは見れた記憶がありません。初めて見たときはヨスジフエダイygかと
思いました(笑) 上の写真のほうが若い個体ですがこれも小さいほうがかわいいですね。

 これも死滅回遊魚の一種?で今の季節に見れるのでしょうか?それとももう既にこの辺りに定住
してるのかなぁ??

 それと
d0145066_21472541.jpgd0145066_21474156.jpg
     



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

      
            
       フエダイ科 ヨコスジフエダイ          フエダイ科 クロホシフエダイ ?

         
  こんなフエダイ科の魚も昨年からよく見ます。以前はいなかったんじゃない?
温暖化のせいといってしまえばそれまでですが、このかわりにここで見れなくなってしまう種も
いるのかもしれませんね。 しかしなんでフエフキダイ、フエダイ科ばかり目につくのか?

 そういえばまだ今シーズンはエチゼンクラゲ見てないなぁ。3、4年前ほどの異常発生は
勘弁してほしいですが、少しなら見たいぞ~!

    

      
by divesprout | 2008-10-25 22:21 | 神子

ハッチアウト寸前

 隣の若狭町のビーチポイントでイカのハッチアウト寸前の卵が見れるとの情報が入りました。
 仕事が早めに片付いたので昼から1本だけちょこっと撮影に。

 ポイントはオマト浜というボートでしか行けないビーチポイント(笑)
ボートから水深3mのとこに私だけ降ろされて、ガイドさんと他ゲストはボートポイントへ。

d0145066_23353254.jpg


 ホンダワラと砂地の間に隠れるように産みつけられてました。
 アオリイカみたいに卵隗が繋がってなくて、卵1粒1粒が独立してブドウの実みたいに
繋がっています。1粒の大きさは直径3cmくらいと大きい!
 
 ガイドさんはコウイカ系の卵なのでは?と言うてました。
 イカに詳しい方これで合ってますか~?

d0145066_23411645.jpg

d0145066_23413053.jpg

d0145066_0234672.jpg


 この外に被っている砂は払っても粘着していて落ちません(苦笑)
 うねりもありユラユラと・・・そんな中イカベイビーは確かに動いてます!

 ストロボを斜め後ろや横から当てたり、カメラの設定変えたり、あっという間の75分ほぼ移動なしで(笑)そろそろか?と水面に上がると、すでに近くでボートはエンジンを切って待ってくれてました。皆さんの視線が少し痛かったです(笑) 
by divesprout | 2008-07-28 00:01 | 神子

あやふやなもの

  
d0145066_214891.jpg
                         クロヘリアメフラシ

 

 つい気を抜くとブログの更新が滞ってしまいます。
ここでも元来のズボラな性格がやはり反映してしまいますね^^;
 
 先週、地元の隣の隣の若狭町の常神半島の神子(みこ)で潜りました。
春の日本海です。水温はー5m付近で17℃、-20m~-30mでは14℃でした。

 この時期の若狭、越前の海って・・・・・
毎年潜ってますが、特に珍しいものが見れるというのはあまりないかも・・・・・
いや人それぞれなんでそう言い切ってはいけませんね。すいません。
相手は自然なんで、捕食とか産卵とか格闘とかネイチャーシーンを見せてくれないか・・・
なんて思いながらエントリーです。

 

あやふやなもの
by divesprout | 2008-05-15 22:55 | 神子