<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ぺリリュー島 4日目2本目ブルーコーナー 3本目ぺリリューエキスプレス

 1本目を終えてキャンベックで朝食です。
雨も小雨になり明るくなってきました。カメラのハウジングを開けて、レンズの切替スイッチを
確認してAFに入れました。

 2本目はブルーコーナーです。ペリリューのポイントに比べてブルーコーナーは安定してバラクーダ、ギンガメの群れは見れますね。ハズレがないといいましょうか。

 AM8:57エントリー
潮は下げ潮でした。コーナーでフックを掛けましたが、特に何も出ません。
その後フックを外して棚上を散策。
d0145066_23391454.jpg

オオメカマス


d0145066_23401389.jpg

   ヒラニザ


d0145066_23405234.jpg

   イトヒキアジ



d0145066_23414050.jpg

   なかなか群れないギンガメアジ


 など撮りました。
 う~ん今回の2回目のブルーコーナーも魚影はイマイチでしたが、イトヒキアジのメタリックなボディには驚きました!4匹いたのですが、撮影時には2匹に逃げられてしまいました。背ヒレと尻ヒレの長いひらひらのイトは成長するとなくなっていくみたいで、今回のは中成魚くらいでしょうか?

 エギジット後再びキャンベックにて休息。
d0145066_23425355.jpg

 

 小雨が降り続いてました。

4本潜る日は昼食までに3本消化します。ログを見ると初日以外は、1本づつの間の水面休息時間が長めとれていましたし、毎回キャンベックにも戻ってきてますね。そのためか時間に追われて潜っている感じはなかったです。こののんびり感は好きですね。

 3本目は加藤さんはイボヤギがドロップオフを埋め尽くしていて壮観なイエローウォールに行きたかったみたいですが、潮の関係で断念。再度、ぺリリューエキスプレスです。

 エントリーしてしばらくして、全員の視線が下を向きました。





 

 ドロップオフから下へいくとなだらかな傾斜の砂地になっている場所に大きな「サメ」が砂地に鎮座しています。
 透明度がいいせいか姿ははっきり見えるのですが結構深そう。。。。。。。。。ボディもず~んと太く体長は3m近くあったでしょうか。

 しばらく上から皆で眺めていると、一人だけそのサメのところまで降りていった方がおられました。

 「底にいるので凶暴系のサメではないのでは?いやでも凶暴なヤツやったら・・・・・
それにしても深そう・・・・・・・・早朝のロウニンで-48mまで潜ったしなあ~~」
などど考えている間に、その方は撮影を終えて戻ってきました。

d0145066_23451864.jpg


 オオテンジクザメといいます。もちろん初めて見ました。胸ビレが鎌みたいでカッチョイイですね。多分・・・・おとなしいサメだと思います。ちなみに水深42mだったようです。。。。

撮影してくれたのは、「南国diving world」というHPを運営されているカツさんです。
画像を送っていただきまして本当にありがとうございました。


このときも「ぺリリュー鈍行」で流れはありませんでした。
魚もあまり多くはいませんでした。
d0145066_2358931.jpg


 ソフトフォーカスではありません。
・・・・・・・・・カメラのレンズが・・・・・曇ってますね・・・・・・・・(汗)
水没じゃありませんよ(笑)

今回はここまでです。


 
by divesprout | 2008-01-30 00:17 | パラオ ぺリリュー島

ぺリリュー島 4日目1本目ぺリリューエキスプレス~ぺリリューコーナー

 2007年12月31日 大晦日です。
 夜中から大雨に見舞われました。突風も時折吹いていてあまり眠れません。
早めに起きてカメラのセッティング、う~ん湿度100%あるんじゃないのぉ?!
湿っぽいなあ。。。。。
AM5:20ピックアップ、AM5:30ショップ集合です。

   正直、気分はあまり、、、、、潜りたくない、、、いや、でも、せっかく来てるんだし、、、

 ってなダメダメな感じでした(笑)

 1本目はぺリリューエキスプレス~ぺリリューコーナーへ流します。
AM6:37エントリー。
すぐに水中でカメラのファインダーを覗きます。
そこですぐ異変に気がつきました。おおぉぉ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

















シャッターを半押しにしても、ファインダー内の9点のAFセンサーが1つも赤く光りません。
もしや~、、、、、、、、、、、


















そうです。レンズのAFとMFの切替スイッチがいつの間にかMFになっていたのでした。
このときは魚眼ズームレンズなのでハウジングの外部からはレンズのフォーカス(ピントを合わす)はいじれません。
被写体に対して、カメラ自体を前後させてピントを合わすしかありません。






「カンカンカンカン!!!」
加藤さんがタンクを叩き、はるか右斜め下を指してます。
来ました!漆黒の闇を切り裂いて(笑)こちらへむかって銀色の大群が!!!!
ロウニンアジの群れです、やっと会えたよ、、、、、、しかしカメラが、、、、


ゲスト全員が下に向かってヘッドファーストで一直線で降りていきます。
ダイコンを見ると、水深 48 M、NDL3分、、、、、、、、、
深いよ、、、、、、、、、真っ暗です。
d0145066_21143432.jpg

  キターッ
d0145066_21151634.jpg

  おりゃー
d0145066_21154274.jpg

  どうよ?


ってな結果に終わりました(爆)
シャッタースピード1/60,絞りf11とがんばってはみたのですが(ISO200)
ピントが何処に合っているのかさっぱり分かりません。単にシャッターを切っただけです。

ロウニンはハマチやカンパチのようには目の前を行ったり来たり遊んではくれません。
右から左へ脇目も振らず一直線!十数秒の出来事でした。

「はあ~行ってしまった。」
興奮とカメラチェックを怠った後悔の気持ちが入り混じって呆然としました。
さて早々に浮上せねば。
浮上を始めてすぐに、また異変が起きました。











レギから排出される泡が上に上がらず、周りに漂っているのです。
同行のゲスト全員の泡がすべて漂っていたのでもう視界は泡、泡、泡だらけ!!!
ダイコンの数値が泡で読めません。。。。するとなんとか、かすかに水深が読めまました。
なんと、フィンキックで浮上していたつもりが、さっきより落ちている!!


「ダウンカレントォ!?」

フィンキックに力を入れ、BCにもエアを入れ浮上しました。

すると今度は、先に出してぶら下げてあったカレントフックのロープがBCのエアの排出ボタン
(SASのAACSⅠ)に絡まってしまいボタンが押せず、エアが抜けません。いわゆる急浮上です。
水面付近で止めれましたが、これでは身体に悪すぎます。

加藤さんがこれを察してか安全停止を10分以上とってくれました。
後でゲストの一人に聞くと、
「自分のことで精一杯で他の人は見てなかったよ~。」と言ってましたが
皆さん、ビックリさせてゴメンナサイ。



あ~いけてない一本でした。
朝のダメダメな気持ちの時点で、この結果は決まっていたのでしょう^^;

ったく、何しにぺリリュー島まで来たんだか!!!俺(泣)




 
by divesprout | 2008-01-26 22:22 | パラオ ぺリリュー島

ぺリリュー島 3日目4本目オレンジビーチ

 3本潜ってキャンベックで弁当形式の昼食をとります。
昼食を陸でとれるのはゆっくりできていいですね。時間もたっぷりあるので、キャンベックの湾内をシュノーケリングしてました。
 
  
 4本目は、オレンジビーチ。島の西側にひろがる砂浜{オレンジビーチ}の沖を潜ります。
砂浜からはかなり沖で潜るのでここもボートポイントです。

 ブリーフィングでは、サンゴ礁が綺麗で、ミクロネシア固有種のフレームエンジェルフィッシュが見れるとのこと。図鑑でも見せてもらいましたが、今まで見たことがない美しい魚です。

 空も曇ってきたので、カメラのレンズをマクロに換えてみました。
ワイドレンズでも、大きなサンゴ礁やバッファローフィッシュ、ギンガメアジの群れなど楽しめますよ~と言われましたが、今回ずーっとワイドだったし、せっかく持ってきたのもあるので(笑)

d0145066_10363562.jpg
d0145066_1037118.jpg

   ハタタテハゼ



d0145066_1038050.jpg

   メガネクロハギ



d0145066_10395978.jpg

   フウライチョウチョウウオ



d0145066_10415966.jpg

   フタスジリュウキュウスズメダイ



d0145066_1044326.jpg

   クロメガネスズメダイ



d0145066_10463398.jpg

   アオノメハタ
  


d0145066_10483085.jpg

   メガネゴンベ

ここの海での普通種ばかりですね~。
節穴の目では、フレームエンジェルフィッシュは見つけれませんでした、、、、、、
ゲストの中には撮影できた方もおられましたよん!

 サンゴは聞いていたとおりピキピキに元気でしたし、
d0145066_1053583.jpg

 m級のバッファローフィッシュの群れも見れました。

フレームエンジェルフィッシュ見たかったよ~~~。
by divesprout | 2008-01-24 10:59 | パラオ ぺリリュー島

ぺリリュー島 3日目3本目ぺリリュードロップオフ

 2本目のジャーマンチャネルを潜り、ぺリリューに戻ります。
その途中で、加藤さんが「いいトコロがあるので、是非寄って行きましょう。」と



d0145066_2224549.jpg




 ここは、タートルコーブに潜行する入り口付近の浅いリーフ。浅いところで水深2m位でした。
ここでは、モンツキカエルウオが点在していて、黄色いフエダイ系の魚が群れているので、
残タンクで遊んでいきましょうとのご提案でした。

d0145066_22392419.jpg


d0145066_22394522.jpg


ニセクロホシフエダイの群れです。なかなか寄らせてはくれませんでしたが、お手軽に
こんな群れが浅場でみれるのは、さすがパラオですね。。。
残タンクも使い切って、ボートに戻りました。

 その後、3本目ぺリリュードロップオフへ。
ここもぺリリューコーナー付近のポイントですが、ドロップオフを右に見ながらコーナーから
離れていくように進みます。ドロップオフには無数のソフトコーラル、魚はハナダイ系の癒しポイントです。

d0145066_2375537.jpg

d0145066_2382228.jpg

 ハナゴイ




d0145066_2392912.jpg

 フタイロハナゴイとバートレットフェアリーバスレット?




d0145066_2316656.jpg



癒しポイントですが、左を向くとぺリリューの外海が広がっています。
何か大物がいつ出てもおかしくない雰囲気ですが、特に今回は出ませんでした。

潮が流れているせいか、ぺリリューのポイントは何処も透明度がいいですね!
by divesprout | 2008-01-20 23:28 | パラオ ぺリリュー島

ぺリリュー島3日目1本目ぺリリューエキスプレス 2本目ジャーマンチャネル

 12月30日 快晴
パラオに来てからこの日までずっと天候、海況に恵まれてます。この日は、早朝ダイブに参加
するので、AM5:30ショップ集合。目指すは、ぺリリューエキスプレス。
この日からガイドはぺリリュー店を切り盛りする加藤さんです。

 AM6:23エントリー。この時間でも水温28℃あります。
スーツがセミドライ(ウエットはこれしか持ってない)なので全く寒さは感じません。
d0145066_2225043.jpg


まだちょっと水中は暗いですね。

エントリー後しばらくして、カレントフックを掛けます。流れが速いところでは掛ける岩に大体のめぼしをつけてから着底しないと、なかなかフックが掛からずあたふたしますね。














 流れてます、流れてます。。。私的には激流でした。。。。。





d0145066_22261789.jpg


写真は加藤さんです。

 フックを掛けた状態でしばらく待ちましたがロウニンの群れは見当たらず、フックを
外してコーナー付近までかっとびました。身体の左にカレントを受けながら、流れっぱなし。
それでもフィンキックは加藤さんから離れないように全力です。


~~~あ”あ”っ、しんど~~
そのまま、安全停止へ。見たものは、、、、、思い出せません。
特に何も出なかったといいましょうか。見る余裕もなかったといいましょうか?!

 後で加藤さんが言うには
「あの流れでMAXが10としたら7くらいですね~。」
とのこと。10でも潜っているんですかね~???


 2本目は同行のゲストさんのリクエストでジャーマンチャネル。
マンタ狙いです。私もせっかくのパラオですから見たい!撮りたい!

 ジャーマンチャネルでもキャンベックから30分位で到着です。
到着すると、まだ他のショップは来てません。船から見るポイントも
透明度はよさそう。去年潜ったイメージでは、ここは透明度がイマイチって感じでした。
マンタはそういうプランクトンの多いところが好きなのでしょうがないのですが。

 セッティングしていると、ボートオペレーターが指さして叫びます。
「MANTA、MANTAー!!」
 
 お”っ、どこどこ、見えんよ~~~。

AM8:42エントリー。
まず、タイマイ発見。
d0145066_2321892.jpg
d0145066_2323028.jpg


 そしてマンタ待ちの根でしばし待機。。。

来ませんね~~~  待って、移動、待って、移動を繰り返します。
その間に
d0145066_2353318.jpg

カスミアジ3匹と思いきや1匹はハマフエフキ(笑)

d0145066_2394198.jpg

アカマツカサ

d0145066_23102364.jpg

オニハタタテダイとチョウハン

d0145066_23112343.jpg

ヤシャベラ

など撮ってました。今回の初砂地ポイントだったので新鮮でした。
その後もマンタは見れませんでした。それでもエギジットに向けて移動しながらも、

d0145066_23142724.jpg

ヨコシマサワラ

d0145066_2315827.jpg

クマザサハナムロ?とカスミアジ

こんなのが見れました。マダラタルミも去年同様、群れ群れでした。

マンタは残念でしたが、透明度がよかったし、ここでは普通種でも、日本では私が普段見かけない魚種も豊富で楽しめました!
マンタなしでもジャーマンチャネル、、、、、、、、、おもしろい!
by divesprout | 2008-01-17 23:32 | パラオ ぺリリュー島

ぺリリュー島 2日目3本目ぺリリューエキスプレス

 昼食をキャンベックでとった後、3本目ぺリリューエキスプレスです。
期待に胸躍らせてエントリー!












おおっ~全然、 流れてない。。。。。
これも、ぺリリューエキスプレスか~~。
棚上をじっくりフィンキックしながらコーナーへ向けて進みます。
d0145066_22201823.jpg

d0145066_22204992.jpg

d0145066_2222634.jpg


流れてないかわりに、じっくり水中景観を楽しめます。
見事なウネリスリバチサンゴやミドリイシが点在しています。
ミドリイシにはフタスジリュウキュウスズメダイやナンヨウハギも住んでいます。

 また途中、ムスジコショウダイが群れているところがあります。
d0145066_22334685.jpg


ムスジコショウダイのほか、アヤコショウダイ、ヒメフエダイなどが見れます。
ムスジコショウダイってあんまりかわいくないね~。
他は、、、
d0145066_2320574.jpg

d0145066_23211794.jpg


流れのないまま、中層も見てましたが特に何も出ず。
エギジット前にタイマイに会いました。
カメを撮るには「寄り」が大事と、レンズは広角で寄ったつもりでしたが、
d0145066_22453866.jpg

d0145066_2246135.jpg


まだまだ足りませんね。





「今回はぺリリューエキスプレス(特急)じゃなくて、ぺリリュー鈍行でしたね~。」
同行のゲストの方が、言うてましたわ。。。。
by divesprout | 2008-01-15 22:52 | パラオ ぺリリュー島

ぺリリュー島 2日目1本目タートルコーブ 2本目ぺリリューカット

 2007年12月29日 快晴
 さてぺリリュー島ダイビング2日目のスタートです。まずは北港から10分ほどのタートルコーブから。

d0145066_21145110.jpgこちらも水深3m位に開いた穴から潜行し、大きく外洋に向かって開いたケーブを抜けます。

このケーブは縦に大きく開いていて長さも短く、
光も差し込んでケーブながらも開放的でした。


















d0145066_21314794.jpg


ケーブを抜け、ドロップオフを右に見ながら進んでいきます。
魚影は、、、、、、少なかったです。スミレナガハナダイ、ハナゴイなどチラホラいましたかね~。

d0145066_21405655.jpg
そして、ドロップオフ沿いから棚上を散策してエギジット。

透明度は25mはあったと思いますが、期待が大きすぎるのか記憶にあまり残ってません。



















 
2本目はぺリリューカット。
バーナードのスレートには、「school of giant trevally(ロウニンアジ)」と、、、、
おお、ロウニンアジの群れがやっと見れるのか!ほんとかな?

それと「sdc」の文字が。はて?sdcって何?

バーナードいわく、「スゴイ ダウン カレント」とのコト。
いや「スーパー ダウン カレント」に言い直してました。
上から下へのカレントで身体が海底方向に落とされてしまうことがあり、また
あまりドロップオフに近づきすぎるとカレントで壁にぶつけられることもあるので注意
してくれと言ってました。

d0145066_22184323.jpg


エントリー後すぐに、フックを掛けます。それもロウニン狙いの最前列(笑)
今回も強烈な流れが向かってきます。マスクに水が入ってマスククリアができません。
水の塊が顔に当たってる感じです。
d0145066_22261451.jpg


途中、遠くをマダラトビエイが一直線に飛んでます。ああ、遠い、遠い。

棚下を覗くとカスミチョウチョウウオがパラパラと。
d0145066_22292123.jpg



あとは単体のロウニンやグレーリーフ、ホワイトチップシャーク、ナポレオンが出たくらい
かな。

カレントフックを外し、棚上を流し安全停止に向かおうと上昇を始めると、
眼下に大きな個体の魚群が河のように流れています。
「もしやロウニン・・・・・?」

どのくらいの深度かはわかりません(30m位?それほど深くもなく)でしたが、残りエアーと浮上までの時間、群れの速さを考えると、ちょっと追いかけるのは無理でした。











ううっ、、ついてない。。。
by divesprout | 2008-01-12 22:40 | パラオ ぺリリュー島

ぺリリュー島 初日2本目ブルーコーナー3本目ぺリリューコーナー

ぺリリュー島からも、パラオで最も有名なブルーコーナーやブルーホールといったポイントも
行けます。凪なら北港から20分位でしょうか。
1本目のポイントでエギジット後そのまま休息をとり、2本目はブルーコーナーへ向かいました。

ガイドのバーナードが船上でブリーフィングを始めます。

スレートに「AKEBONOHAZE」の文字が。。。。。
もしやコーナーの棚下数mにある「マクロ穴」に行く?穴の存在は知識としては知ってましたが、この時のMYカメラのレンズは思いっきりワイドレンズ。

この時のゲストでマクロ穴に行きたかったお方は(後から思えば)いなかったと思いますが(笑)
「見れるだけでもいいか~。」
と考え直して潜りました。
d0145066_23385115.jpg


ここで深さ33mでしたね~。1本目に続いて深めです。
いました、いました。1,2、、あっこちにも2匹、、、、、4匹も居るやん!(驚)
とりあえず引っ込めないように証拠写真を3枚ほど撮って棚上に向かいました。

棚上ではブルーコーナー特有の強烈なカレントはありませんでした。
d0145066_2351526.jpg
魚もまばらな感じでばらけ気味。。。


うーん、こんなブルーコーナーもあるんやね~。
   




d0145066_23585825.jpg














昼食をぺリリュー島の南港{キャンベック}でとり、3本目です。
3本目はぺリリューコーナー。キャンベックから5分ほどで到着です。
強烈に流れるときもあるらしいのでどれほどのものなのか、、、、、、



コーナーのどの辺に潜行したかは分かりませんが、しばらくすると
バーナードがカレントフックの用意をしています。

フックを引っ掛けると、
おおっ~~~強烈な流れ{カレント}が前方斜め下45度から向かってきます。
ブルーコーナーのそれより強く感じましたね!

途中何度かフックをかけ直したりして何が出るやらと待ちましたが、
う~ん、単体でグレーリーフシャークやカスミアジが出るくらいでした。
写真はありません(笑)

その後は棚上をカレントに身を任せて流されながら安全停止に入りエギジット。

初日はこんな感じでした。
by divesprout | 2008-01-11 00:22 | パラオ ぺリリュー島

ぺリリュー島 初日1本目ヴァージンホール

 2007年12月28日快晴
さて、パラオの首都コロールからスピードボートで約45分でぺリリュー島到着です。ハヤッ!
 1本目はチェックダイブをかねてヴァージンホールです。初めて聞くポイントですが、ここマーメルさんしか使ってないみたいでオーナー名にちなんで馬場ホールとも呼んでるみたいです。

 d0145066_22531876.jpg水深5m位に細長いホールが空いていてそのまま15m位降りると、外洋に向かって、カマボコ型のホールが見えてきます。そのホールの出口付近がこのダイブの最深部で34mでした。

 ホール後は右に壁をみながらのウォールダイビング。イソバナやサンゴが綺麗です。魚影は少なめでしたが、途中で小さいケーブやホールをくぐったりと、結構泳ぎましたよ。
d0145066_22541495.jpg


 あまり使われていないポイントなのか、全然荒れてない印象でした。透明度も25mはあったでしょうか。ダイブ後のゲストの方々の感想も「綺麗でしたね~。」という意見が多かったです。
d0145066_22545240.jpg

パラオにまた来れたーという気持ちと美しい水中地形がシンクロして
これからのダイビングに心躍ってましたd0145066_22551328.jpg
by divesprout | 2008-01-10 22:55 | パラオ ぺリリュー島

ブログに挑戦してみます

2008年が始まってます。
何か新しいこと始めたいと思いまして、、、、
ブログに挑戦してみます。スクーバダイビングのことを中心に、いや、ダイビングのことばかりかもしれませんが。
d0145066_22165068.jpg


この年末年始のぺリリュー島ダイブトリップからです。
by divesprout | 2008-01-10 22:21