寄り添って・・・サンゴタツ

秋も深まり、越前、若狭の海も水温25℃くらいでしょうか。
それでも今年は例年よりやや高めで、まだ5mmウエットでも大丈夫です。
まぁ、これから一気に下がってきますけど。

今年は、越前海岸の対岸にあたる敦賀湾にもよく潜りました。
印象は、ビーチポイントしか入ってないのですが水深浅めで泥と砂の混じったポイントが多いです。
越前とは違う感じですね。

d0145066_0165911.jpg


湾内沿いのある集落に旧友が経営する旅館がありまして、そこの前のビーチが泥多めでおもしろいんです。
そんななか、水底にぽつんといるサンゴタツにアミメハギygがついていました。

サンゴタツって名前からすると太平洋側に生息するものと思ってましたが、ここ敦賀湾では
泥の混じった感じの砂地にときどき見かけました。砂地に落ちているってイメージです。
タツノオトシゴより体のラインがなめらかで、突起が出てない感じです。

d0145066_028358.jpg


かなり~地味ですが・・・^^

今年見たおもしろかったシーンをぼちぼち紹介していこうと思います。
# by divesprout | 2012-10-15 00:32 | 敦賀

ナベカのハッチアウト

d0145066_22484667.jpg

前回の神子でのオオカズナギはあれから数回探索しましたが、出会えず・・・
海藻が密集してるので難しい場所なんです。。。 探索の同志求む~(笑



さて、6月にヒドイ咳にずっと悩まされていてほぼ潜りには行けず、7月に復活です。


写真は5月末に越前のビーチで見かけたナベカの産卵にむけての求愛行動の1シーン。
岩にはりつくオオヘビガイの抜け殻をここでは巣穴にする個体が多いです。
5月末にはここではナベカが多く見られ、産卵行動も!と思いましたが咳が止まらず
6月中にどうなっているか気になっていました。

7月になり見に行くと、あちこちでオスが卵を守っています。
d0145066_2382391.jpg

「ナベカはオスが巣穴の卵を口に含んで外に放出する」とショップさんの記事で読んだことがあったのですが、
期待はあまりしないであちこちの巣穴を観察していくと、そのうちの1個体がやってくれました!

d0145066_23164935.jpg

巣穴に入っては出てきて、プッと口からはき出します。わぁ~見れちゃったよぉ!
d0145066_2321442.jpg
d0145066_23214680.jpg


親魚の仔魚を見送るときの眼差しが印象的でした^^
# by divesprout | 2012-07-12 23:37 | 越前

見ぃ~つけた★

d0145066_0131077.jpg

また間があいてしまいましたが・・・

越前、若狭の海も水温16℃まで上昇してきましてストレスも減りつつ
地味に近場でセルフばかり楽しんでおります。

そんなある日、常神半島の神子の海にて見慣れないサカナが。。。
もしやオオカズナギではないですか??

d0145066_018641.jpg

見つけたときは、ベニツケギンポ?と思っていたのですが、
どうも背中の青い部分と切れ長の口の部分がベニツケギンポとは違う感じ。
水深4mと浅かったし半信半疑ではありましたが・・・
去年青海島で見た個体よりもひと回り小さい感じでした。

d0145066_023289.jpg


この口の開け方は!!!  ねっ、オオカズナギでしょ!?(笑)
さて、青海島ばりのバトルがここでも見れるのか?
このときは1匹しか見れませんでしたが、自分的には大きな一歩です^^
# by divesprout | 2012-05-20 00:37 | 神子

きのこの山

d0145066_23585187.jpg

カイカムリの仲間でいいのかな・・・?
# by divesprout | 2012-02-14 00:00 | 小笠原諸島

製氷海岸にて

最終日のダイビングは2本のみ。午後に帰路につくため午前中に2本潜ります。
この日(1月2日)は2本とも閂ロック♪で!と珍しくリクエストを出しておいたのですが、
1本終了とほぼ同時に前線の通過で海況は急変!ポイントは湾内のみに限定です。

父島二見湾内のポイント「製氷海岸」は魚加工会社の製氷工場跡地のビーチポイントと
いうわけで名づけられたらしく、シュノーケリングもできるところです。

ダイビングではボート潜行で、見れるものは・・・・・・・シロワニ
養殖生簀が近くにあり、そのおこぼれ目あてで今現在5、6匹は常駐しているとか。。。
d0145066_17145850.jpg


初めて見た!のですが何か閂ロック♪に1本しか入れなかったという無念の気持ちのほうがこのときは強くて・・・・・・イマイチ乗らない感じ?
なにやら海況悪いときのシロワニの保険ポイント~みたいな呼ばれかたもされてるせいか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何かが違う^^;? 
d0145066_17214520.jpg

寄りも中途半端です。。。。
シロワニはやはりむき出しの歯を強調して下から煽って撮らねば?!

またこの写真のシロワニは腹鰭の間に交接器(生殖器)が2本見えますね。オスみたいです。
メスにも子宮が2つあるようです。「シロワニ」で検索すると「胎内・共食い」という生態について
いろいろ書かれてありますよ~

2月12日放送の「イッテQ」でイモトがここ潜ってるんじゃないかなぁ^^
個人的にはサカタザメが見たい~!!
# by divesprout | 2012-02-09 17:52 | 小笠原諸島